目にできる性病やりん病の治療方法

性病と言えば、不特定多数の人と性行為をしたときにみられます。男女問わずになりますので注意が必要です。性病に罹る確率は小さいですが、罹ってしまうと、陰部のかゆみや腫れなどの自覚症状がみられます。また発熱や微熱もあります。熱があり、倦怠感がありますので、もし性病とだ感じたら泌尿器が受診しましょう。
命にかかわることはひじょうに小さいですが、治療法としては抗生剤が処方されます。抗生剤を数日間服用つづけます。症状がひどいときには、抗生剤の点滴です。抗生剤でほぼ完治します。
性病に罹るとやっかいですので、風俗店でも性病検査を定期的におこなうお店が増えてきています。従業員が性病に罹ってしまうと仕事が減る、つまり会社への利益が減少しますので、前もって性病の有無を検査します。性病とわかればただちにその人は仕事ができなくなります。一度罹ってしまうと、また罹るのではといった不安と恐怖心がありますので、よほどのことがないかぎり風俗に戻る方はかなり少ないようです。
現在ではいろいろな抗生剤がありますので、どの種類の抗生剤をつかうかは医師の判断になります。最近では「耐性菌」というものが増えつつありますので、抗生剤の使い過ぎは、かえって症状を悪化されるといわれています。医師によっへは最低限にしか使わない医療機関が増えてきています。
予防としては不特定多数の人と性行為をしないこと。自分が疲れているときなどは免疫機能が下がってきていますので、そのようなときにも風俗などで、性行為しないことです。忘れてならないのが、必ずコンドームを装着することです。コンドームなしで性行為する若者が増えてきていますので、まずは衛生面をしっかり管理しておくことです。

ページトップへ