性病や混合性尿道炎の治療に使われる軟膏

性病の中には、クラミジアと淋病という代表的なものがあります。どちらも感染力が強く、どの時期においても、その年代においてもその感染を見ることが出来ます。通常は一つの原因菌に性交渉で感染したら一つの性病の症状しか出ません。クラミジアの場合は、漿液性尿道炎といって、性交渉から数日あった後で尿道からサラサラの膿のものが出ることがあります。これを漿液性と呼ぶのですね。あまり痛みもないと言います。一方淋病に感染した場合は、膿性尿道炎を引き起こすことが多いです。これは尿道から膿が出てきて強い痛みを持つと言われます。どちらかの症状が出れば特徴的なのですぐに自分でもわかるかもしれませんが、時には二つ同時に感染するという場合があります。この時に出るのが混合性尿道炎なのです。最近の傾向で淋病とクラミジア同時に感染していることも珍しくないと言われています。その性病の症状が出た時には、原因菌を突き止め治療が開始されます。多くの場合は、その原因菌にあった抗生物質を使用したり、抗真菌薬を用いたりしますね。また尿道炎を起こしている場合には、軟膏を使用することもあります。この場合例えば真菌などの感染であれば、抗真菌剤の軟膏を、それ以外であれば抗生物質入りの軟膏を使用することが多いです。内服を行い、更に軟膏を塗ることで症状の改善を目指すのです。性病かなと思ったら、早めに治療を行うことが大切です。なぜなら、時には全身症状が出るほどに病気が進行することもあるからです。そしてもしも医師から内服や軟膏を処方された場合は、その指示を守って接種や塗布を行うことが大切です。性病にかかったら、完治をするまで治療を続けることが大切なポイントです。

ページトップへ